どの猫にも、それぞれ個性があります。
この小さなフォト日記に、
シロさんらしさが滲みでればいいなと思います。

HOME... pre section... 前の日記


12年目 2016年11月14日(月)

12年目の命日。
シロさんと会えなくなって
そんなに長い年月が過ぎたなんて
信じられな〜い。(*^^)v。
そっかー。しょっちゅう相棒さんと
シロさんの話をしているし、
たま〜に夢の中で会ってるからだね。
ほんとはもっと夢の中に出てきて欲しいなあ。

久しぶりに花を買いました。
今日の夕食は、サーモンサラダを作ります。
そういえば、昨日はいわしの刺身だったから、
前夜祭みたいだね。

11年目 2015年11月14日(土)

11年目の命日。
早いな。まだシロさんがいるような気がする。
時々夢に出てくれるね。
目覚めると、とてもいい気分になるの。
シロさんに会えたようで。ありがとう。

今日は古い箱を整理していたら、
こんなコースターが出てきた。

シロさんをイメージして作ったフェルト製だなんだよ。


10年目 2014年11月14日(金)

10年目の命日。

手巻き寿司を作って食べようね。

相棒さんがおもちゃを買ってきてくれたんだ。
10年たって、おもちゃも進化したでしょう?

久しぶりに、
シロさんがここにいるような気持ちになりました。

一足早く大掃除 2013年12月14日(土)

今日はシロさんの月命日だね。
雲ひとつない青空だから、
シロさんは天国で日向ぼっこをしてる?

シロ城も綺麗にしようね。
一足早く、大掃除。
気持ちいいね。

9回忌 2013年11月14日(木)

シロさんの9回忌。

11日の我が夫婦の結婚記念日に
相棒さんがくれた花を
シロさんにもわけようね。
綺麗でしょう?

9年経ったけど、
今でもシロさんは我が家の人気者だよ。
今夜は一緒に夕食を食べようね。
サーモン料理を作るんだ。
ちょこっとおいで。

遊ぼう 2013年9月14日(土)


シロさんの月命日だね。
道端に咲いていたススキをとってきたよ。


何回目かな… 2013年7月14日(日)

シロさんの月命日だね。
4月に続き、今月も曜日と日にちが重なってる。
シロさんはパズルが上手だね。

でも、シロさん、ごめん…。今日はお魚を用意するのを忘れちゃった。
何回目だろう、シロさんの月命日。
うっかり忘れがちが増えてきたけれど、
相棒さんとは今でも毎日、シロさんの事を話してるんだ。
「シロさんは世界一かわいいね、いい子だね」って。
今でも一緒にいるみたいに思ってるよ。
だから、お魚を忘れちゃったこと、許してくれるよね?

シロさんの洋服(包布)をオレンジ色に換えました。

似合う花 2013年4月14日(日)


シロさんの月命日だね。
月命日は毎月あるけれど、今日は曜日も命日だね。
丁度その頃、側にいられないんだ。
仙台に帰っているの。
シロさんが一番似合うお花を沢山切って飾ろうね。綺麗だね。
ずっとベランダで育てているよ、あの頃からずっと。

シロさんにも 2012年11月11日(日)


シロさん、今日はね、私達の結婚記念日なんだよ。
相棒さんが綺麗な花束をくれたので、シロさんにもお裾分け、飾ってあげようね。
3日後はシロさんの8回目の命日。
少し早いけど、お花はこれでいいかな?
綺麗でしょう?シロさんに似合ってる。
命日の日は何かおいしいものを一緒に食べようね。用意しようね。

7回目 2011年11月14日(月)


シロさんが亡くなって7回目の命日を迎えた。
相棒さんも私も、色々頑張ってるよ。
いつも見てくれてるよね?
ありがとう、シロさん。これからも見ていてね。
2人は歩き続けるから。

今日はばたばたしていたので手料理ではなく、外食で7回目を偲んだ。
携帯電話に入ってるシロさんの写真はムービーを見ながら、
相棒さんとシロさんの思い出話を沢山した。

かわいかったなー、シロさん。

帰ってきてる? 2011年8月15日(月)

あれ、今朝、部屋のドア向こうに、シロさん、いたのかな?
相棒さんを仕事場へアッシーして帰宅した時、
いつもシロさんが帰宅を迎えてくれたように、部屋の曇りドアの向こうに走る影が見えたような気がしたんだ。
シロさん、お盆で帰ってきてくれたの?
そういうこと、信じられない私だけど、都合がいいかな(^^;)。
シロさん、みんなの健康と幸せを見守っててね。よろぴくね♪

忘れてないよ 2011年5月14日(土)

忘れてないよ、今日はシロさんの月命日だね。
随分前から、シロ城に飾るお花は、ベランダで咲いたお花にしている。
今は、マーガレット(みたいな…名前忘れちゃった(^^;))が満開。
3輪切って飾りました。
シロさんが居た頃に買った観葉植物もちゃんと茂ってるよ。

6回目の日もパズラー 2010年11月14日(日)

6回目の日がやってっきたね。

しかも、命日の日曜日にぴったり。
シロさんのパズラー振りは健在ね。


お花は、いつもはベランダで育てている花だけど、
今日は先日の結婚記念日に相棒さんが送ってくれたお花を飾ろうね。

黄色いお花、シロさんに似合うよ。

くんくん、やってみて。
ひまわりだよ。

会えてるかな? 2010年5月17日(月)

シロさん、私の母と会えた?
昨年12月4日に、急死してしまった母。
小さい頃は家に何匹も猫がいたんだって。白い猫@ミミちゃんの話を何度聞いたことだろう。
私が小さい頃から実家を出るまで、母のせいで(笑)色々な動物を飼ったんだよ。
ものすごく動物好きで。
私はそんなところも母と似ているんだよ。

シロさん、私の母と会ってる?
きっと母はシロさんをすぐにみつけて、
「あなたがシロさんね!」とかわいがってくれているに 違いないね。

仲良くやってくれたら、私はすごく嬉しいよ。

5年が過ぎたよ☆世界糖尿病デー 2009年11月14日(土)


早いね。今日は5年目の命日だよ。
シロさんには、ちらし寿司を。しょっぱいし酸っぱいので食べられないけど、目で食べてね。楽しいでしょう?出来合いでごめんね。
私達は、相棒さんの好物@シチューを作ったんだよ。
きのこをニンニクで炒めてレタスに乗せたサラダもおいしくできたよ。

こんなもので手一杯だけど、楽しい夕食になったね。
命日は毎年シロさんと私達の記念日だもの。
シロさんは一生懸命、そして、幸せそうに生きてくれたから。

我慢強くて、控えめで、静かで、きちんと行儀をわきまえている、いい子でした。
そして、とびきりかわいい。

……と、飼い主の私達は、常にそう思っているよ。

いくら目ヤニがこびりついていても(^^;)、
便が筆ペンのようにオチリから切れ残っていても(^^;)、
一度に10粒以上カリカリを食べちゃうと吐いちゃっても、
全部そのまま、かわいいシロさんだったよ。

♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡ ♥♡

11月14日は、世界糖尿病デーだそうですね。
いつからそうなったのでしょうか。2、3年前からかな…。
シロさんの命日と同じだなんて、びっくりです。
パズラーなシロさんが、またやったのかもしれません。
すごいね、シロさんは。

シロさんが糖尿病を患ったから、知り合えた猫仲間が沢山います。
皆さんに、そして、糖尿病で一緒に頑張った猫ちゃん達に、今でも感謝しています。

ですが…、

シロさんが亡くなって5年が経ち、変わらずにお付き合いをさせて頂いているお仲間さんは少なくなりました。SZさん、Kりん、nさん…。
変わらずに親しくして下さるこのお3方には本当に感謝です。いつもありがとう。

そして、どうされているかしら…と時々気になりつつ、お付き合いが離れてしまったお仲間さん達にも、改めて、今、ありがとうございました、と思っています。離れてしまいましたが、忘れることはないです。

ススキだよ 2009年9月14日(月)

シロさん、ススキが生えていたよ。
ねこじゃらしも1本
道端から貰ってきたよ。

もう秋なんだね。

月命日の今日は、
夕食にフライドチキンを並べてみた。
我が家には珍しいこと。月命日だからね(^^)♪
相棒さんと私だけかな、美味しく食べたのは(笑)。

猫はフライドチキンの皮が大好きらしいけど、
シロさんは「私は、食べません」だったね。
シュークリームも、プリンも餡子も、
猫は好物、と言われるものことごとく、
シロさんは「私はいりません」だったね。

一緒に食べよう 2009年7月14日(火)

何回目だろうね?シロさんの月命日。
何年たっても、
まだとても身近に感じているよ。

でもね、たまーに、
ものすごく、シロさんに会いたくなる。
シロさんに鼻をぺろんと舐めて貰いたい。
シロさんをなでたい。触りたい。

でも、シロさんはいないから、
せめて、
猫や犬、ハムスター、モルモット…
かわいい動物達に触りたくなるんだ。

そのうちにね。いつかね。
引っ越さないと飼えない。
シロさんは静かだし悪戯しなかったから、
内緒で住んでた♪

今日の夕食は、
シロさんの好物はないけど、
一緒に食べよう。
相棒さんのリクエストで、
ピザにしました。
私は出来合いの太巻き。

整理したよ 2009年6月12日(金)

もう4年半もそのままにしていたね。
このあゆベットとスポンジ座布団を処分したよ。いいよね?
2人の古い洋服と一緒にゴミに出したからね。

この本棚のど真ん中に、ずっとあったあゆベット。
寂しくて、そのままにしていたのではなく、
余韻を感じつつ、私が怠けていたんだ。

他にも、シロさんの想いでは残っているから、いいよね。
でも、無くなったら、やっぱりぽかーんと空いている。
ちょっぴり寂しい。
シロさんが鼻をぺろぺろ舐めてくれる夢を見たよ。

*写真は、2004年6月17日のものです。

何回目かな? 2009年4月14日(火)

今日は月命日。
もう、何回目だろうね?
ベランダの花を飾りました。

今日は日向ぼっこができないね。
でも、窓から外を見てみようよ。
外の匂いをくんくん。
春の匂いがいっぱい届くでしょう?

最近は、月命日や曜日命日に家にいない事が多くなってきたよ。
ごめんね…じゃないと思ってるんだ。
シロさんも私も、自分らしく元気に過ごしてる。
感謝だね♪

クリスマスローズを飾って♪ 2009年2月22日(日)

今日は猫の日。
シロさんの曜日命日と重なったね。

日曜日はシロ城の花を新しくする日。
クリスマスローズが今年も綺麗に咲いたの。
先週から5輪が開いて、
まだ蕾がいっぱい。
今年は去年より、もっと沢山咲きそうだよ。

猫の花瓶に、とてもよく似合ってる。
綺麗だね。

綺麗に咲いた 2008年11月23日(日)


コーヒー何とかというミニ薔薇が綺麗に咲いたよ。
こんなに形がいいのは滅多にないんだ。

シロ城に飾る花は、4年間、全てベランダで育てた花を使っています。
だから、プランターや鉢に花を切らしたことがないのです。
シロさんも喜んでくれるだろうし、ベランダも賑やかになって、いいでしょう?

4年が過ぎた 2008年11月14日(金)

4年が過ぎた。まだ記憶は十分過ぎるほど新しい。昨日の事のよう。
でも、当然のように今はいい思い出だけで満たされている。



相棒さんが一緒に夕食を作ってくれたんだよ。
クラブハウスサンド。色が賑やかで楽しいね。
今夜のパーティーはサンドイッチpartyにしたからね。

良いのか悪いのか、片付けないでいたシロさんグッズをまた1つ片付けたよ。
1年に1つずつ。

最後に寝ていたこのベッド。さすがに残っていたのはダンボールハウスの部分だけだったけれど、それを片付けた。 敷物は私が使うね。いい物に作り変えるんだ。

シロさん模様の子 2008年10月22日(水)



シロさん、びっくりしたよー。

この子、シロさん模様でしょう? 
ワンちゃんなんだけど。

相棒さんと私は、この背中の子を見た瞬間に、

 「あ、シロさん柄だーっ」

って声を合わせちゃったよ。

シロさん見だんご? 2008年9月14日(日)



シロさん、またまたすごいね。
今日は月命日、そして命日「曜日」が重なった。更にさらに、中秋の名月だって。
夕食は手巻き寿司パーティを開催したよ。まぐろのお刺身を小さく切ってあげたから食べられたよね?
デザートは月見だんご。おいしいね。

これもシロさんみたい! 2008年8月15日(金)

そっくりじゃない?これ?!
鼻がピンクで綺麗なところはシロさんとちょっと違うけど(笑)。 お目目も綺麗だけど。
小さな三毛はないけれど。
なんだか、シロさんだよね。

姉が、私の誕生日のプレゼントにくれました。
小さなリング入れ。
かわいいね。

真夏の月命日 2008年8月14日(木)

シロさんの命日。
ベランダの鉢に咲いている花を飾りました。
買い花のように綺麗じゃないけど(日焼けしてますね)、シロさんがよく知ってるベランダで育った花だから、 シロさんも安心だと思うんだ。

もう、どれくらいになる?シロさんがいなくなってから。
今日はオリンピックに夢中になっていて、シロさん時間(亡くなった時間)をつい、気付かずに過ごしちゃった。
えへへ。やっちゃった(^^)♪
シロさんも笑ってる。随分時間が経ったんだねって。

ずっと心の中にシロさんがいる。それだけで十分なんだ。
何かあると、相棒さんと私は、口癖のように 「シロさん♪」って口にするんだよ。いいときも困ったときも。おもしろいね。

夕食にお刺身を買って食べました。
あとは、ちょっと珍しい料理を。帆立フライ。ゴーヤのチヂミ。記念日の愉しい夕食でした。

この花も知ってる? 2008年6月15日(日)

昨日はシロさんの月命日だったのに。ごめんね、ちょっとばたばたしていて、月命日を忘れちゃった。
もうどれ位になるかな。随分経ったね。
シロ城にはベランダのプランターで育てた花を1日も切れ間なく飾っています…。
でも今日は、昨日忘れちゃったから、いつもと違うお花を選んでみたんだ。野花を3本貰ってきたよ。 シロさんが知り尽くしている外の世界から。
タンポポみたいだけど違うんだから。シロさん、この花も知ってる?


「チロッ」と呼ぶ伊藤さん 2008年4月4日(金)

朝、散歩をした。シロさんが野良猫時代にいた、前のアパートの近所を回ってきたよ。
そしたらね、仕事を終えて帰ってきた伊藤さんにバッタリ会ったんだ。久しぶり。
市場の仕事は朝3時から。9時半にやっと帰宅。眠そうだったよ。
市場で売れない果物をまた沢山頂きました。顔は悪いけど中身は最高。



何年たっても、シロさんのお世話をして下さった皆さんの事は忘れないです。
少し会わないと、どうされているかな…と気になって。
シロさんがいたあの場所。いつ寄っても、今もシロさんが見えるようだよ。

月命日に!? 2008年2月14日(木)

シロさんの月命日。
今回は資格勉強+αでバタバタしていて、魚を買ってきてあげられないんだ。ごめんね。
そしたら、シロさんがひょっこり現れた。携帯のツール画面に。(いつもは黒猫しかいないのです。)
シロさん、ぶーにゃんにチョコレートを持ってきたんでしょ?
上手に作れたの?
マグロの切り身をチョコレートと勘違いしていないかなー。
ぶーにゃんは喜んで受け取ってくれたみたいだね。


丸3年目の記念日 2007年11月14日(水)

シロさんは、やっぱりパズラーだね。
今日はシロさんの4回忌。
その日に、相棒さんと私の休み@水曜日が重なったんだもの!
そして、今日は前から二人で、今年度最後のハーレーペアライドの日にしようって決めていたんだ。

シロさんには遠出だったと思うけど、
秋空が果てしなく青く、温かくて、
シロさんにも最高の日向ぼっこになったでしょ?

時々、こうして、バッグからシロさんを出して、外を見せてあげた。
東名高速、由比パーキングにて。ハーレーに乗るシロさん。


また一致 2007年10月14日(日)

久しぶりに、シロさん日記を綴りにきたよ。
今日は月命日の「14日」と曜日命日の「日曜日」が重なった。時々やってくるスペシャルな月命日だね。

相棒さんは目覚めの時に、あるシーンが 突然頭をよぎったそうだ。
シロさんは亡くなる前夜、ありったけの声を出して、力のない体で頭を持ち上げて、
私達にお別れの挨拶をしてくれたでしょう?
そのシーンを 相棒さんは突然思い出したらしい。
今日がスペシャルな月命日だとは気付いてなかったんだって。驚いていた。

動物との絆が生み出す偶然なんだろうね。
すごいな、シロさんは。

今夜は普段より少し頑張って夕食準備をしよう。
来月は3回目の命日。1ヶ月前のお祝いをしようね。

思い出の布団 2007年6月6日(水)

思い出の布団、最後の1枚だよ。
私が上京した初日に買ったんだ。引越し手伝いと旅行を兼ねて一緒に上京してくれた姉が、 菊名の駅前の小さな布団屋で一番安いのを選んできてくれたもの。
23年間も使って、ぼろぼろになった。よくこんなに持ったね。
掛け布団と枕は、もうとっくに買い替えちゃった。

なぜ、敷き布団だけ使っていたの?ぼろぼろで真綿が出てきちゃっているのに。笑。
上京した時からお世話になっていることと、シロさんと一緒に寝た布団だって事と、 もう1つ、大きな思い出がある布団だから。

色違いの青の敷布団は、シロさんが ジャーっって 勢いよく大量のおしっこをしちゃって、 洗濯なんてできないし、既に古かったし…。潮時かなって捨てたんだ。

シロさんは1泊2日病院に預けられた直後だったね。私が婚約者の実家に挨拶に行くためにどうしても1泊しなくちゃならなくて。 シロさんったら、病院にいる間、水は一滴も飲まず、餌は1口も食べず、おしっこもしなかったんだってね? だからアパートに連れて帰った瞬間、トイレに間に合わず、たたんであった布団の上で ジャーってやっちゃったんだ。ホントに大量。ずっと我慢してたんだね。びっくりしたのを思えているよ。

思い出の敷布団の最後の一枚。ぼろぼろになっちゃった。今日、新しいものと交代。長い間ありがとう。 お陰様で、極上の煎餅に仕上がり、寝て起きると体が痛いの。笑。

片付けたよ 2007年4月14日(土)

ずっと設置したままにしていた最後のトイレを片付けた。
綺麗に洗って、キャリアと一緒に、押入れの一番の特等席にしまったからね。
まだいくつかシロさんグッズがそのまま置いてある。
カマクラもまだ残ってる。誰が使うの?と思うでしょう?
ぬいぐるみが数匹、居心地よさそうに居座っているんだ。

さよならだけど泣かない 2007年3月10日(土)

まるで、シロさんを愛する相棒さんと私みたいなご夫婦なんだよ。
野良猫の ぼやけ を世話をしているお二人。まじめで、一生懸命、愛を注いでる。
「私達は、この ぼやけ から沢山の幸せを貰ってきたんです」と。
ね、似てるでしょう?シロさんと私達に。

ぼやけは、今日、星になってしまったんだ。
ご夫婦は、ぼやけの枕元に手紙を添えたの。私達がシロさんにそうしたように。
だけど、お二人はすごいんだよ。
海外旅行が趣味なお二人。旅行先から今までに何通も ぼやけ宛てに葉書を送っていたんだ。
それを今日、ぼやけと一緒に空へ見送られたんだ。素敵な話しでしょう?葉書を届けたなんて。

どの子も、そのおうちにとって、世界一特別なんだね。こんな素敵なお別れだもの、泣かないよ。

ばったり、友に会う 2007年1月14日(日)

今日は日曜日と14日が重なったね。シロさんの日みたい。

お世話になった病院で知り合ったDonと道でばったり会ったんだ。
 どうしているかな。電話しよう。
と気になっていた人なので、びっくりした。シロさんが会わせてくれたのかな。

夕食はお刺身。シロさんはこの店のお刺身だけは必ず爆食いしたよね。
面白いね、なまり節は違う店のだけ爆食いだったよねー。

何歳になるのかな? 2007年1月1日(月)

今日はシロさんの暫定誕生日だね。暫定って変だけど、いつどこで生まれたのかわからないミステリーなシロさんだものね。

パズラーシロさんらしく、昨日から今日にかけて、相棒さんと私の周りにいい数字が並んだんだ。
2日間、相棒さんのハーレーに3人で一緒に乗ったのだけど、
昨日は10000キロを記録して、今日は10100キロになったんだ。
更に、私のペアライド総走行距離が今日、3643キロに。
シロさんにゆかりのある数字ばかりだよ。すごいね、シロさん、やったでしょ?

白い花のプレゼント 2006年12月1日(金)



古い猫友達の5にゃんこカンパニーのさっちゃんからサプライズを頂きました。
 「今、そちらの駅に向かっているよ」
と、突然連絡を貰って、私、大急ぎでお化粧をしました。
2年振りに会ったのに、どうして?ちっとも久し振りな感じがしないのは…。
この時間感覚も、元気君やシロさんや、猫達からの贈り物なんだろうね。(^o^)丿。

2年目の先月のシロさんの命日に対して、優しい気持ちを表してくれるさっちゃん。
最近は全然泣かないのに、ダメだ…、今日は思わずうるうるしてしまいました。
だって、白いお花がシロさんのイメージにぴったりだから。本当にありがとう。

よかったね、シロさん。これからもずっとみんなの事を見守っていてね。

2回目の命日 2006年11月14日(火)

2年前の今日、午前11時15分。忘れもしない、シロさんの最後の時間の始まりを。
それから20分ほどで、息を引き取ったシロさん。
丁度今日は相棒さんはお休みで、2人とシロさんで、その「シロさん時間」を家で過ごした。
晴れて気持ちのよい日だね。ぽかぽか陽気。
シロさんは太陽の匂いでいっぱいになってるかな。

写真は15日に撮影したもの。2年前から毎年ここでこうしてシロさんと撮っている。
大きなクリスマスツリー飾りの前なんだよ。(ツリーは画角から切れちゃってます。)
大きな年号が書いてあるので、毎年の記念になるでしょ?
しまった〜、シロさんは老いないけど、こちら2人は問題だね。笑。


読み返し 2006年11月13日(月)

シロさんの2回忌前夜。

2年前の、シロさんとお別れする頃のダイアリーを読み返していたら、
あらら、久し振りにこんなに涙が溢れ出した。
ダイアリーの一言ひとこと、写真の1枚1枚の全て、見なくなって全部覚えている。
改めて読み返さなくってよかったんだ。涙のために読み返したんじゃないのだから。

シロさんの事を思い出さない日は1日たりとも無いよ。
こういう気持ちって、いったいいつまで続くのだろう?

シロさんは今何をしているのかなぁ。会いたいな。。。って念じると、
なんとなくシロさんの匂いがしてくる。妄想か。(笑)

この世に3匹いる? 2006年11月3日(金)

そっくりな人は世の中に3人いる、と言うでしょう?
動物もそうなのかなぁー?

この猫は、時々近所で見かける野良猫。
近づけないので写真は小さいけれど。
毛色と模様が、シロさんにとても良く似ていて、
初めて会った時、わわ〜、こりゃ似てる!と思った。
三毛だからメスでしょう。腰周りのぽっちゃりな感じや、しっぽが薄茶柄なんてホントにそっくりなんだ。 腰の左の黒い島なんて、うり二つだよ。

いろんな猫を見る時に、どうしてもシロさんに似ている猫を見つけようとしている、自然に。
でも、こんなにそっくりな猫に会えたのに、
気持はちっとも驚かない。どうってことないんだ。
姿は似ていても、シロさんじゃない。
シロさんはシロさんだけなんだって思う。

野良猫によく会う日 2006年10月14日(土)

シロさんの1年11ヶ月目の月命日。
早いなー、ホントに早いなー。

今日はよく野良猫に会うよ。
朝一番でクリーニング店に行った帰り、シロさんにちょっと似ている白い三毛猫をみかける 裏路地を通ってみたんだ。 白い猫はいなかったけど、代わりに初めてみかける猫がいた。
白と茶の猫で、ぶーにゃん色をしてたよ。
ぶーにゃんより体が小さいし顔も細いけど、オスね、間違いない。
白い猫と友達なのかなー。
野良猫時代のシロさんとぶーにゃんを思い出すよ。不思議な巡り合わせだね。

家へ戻ってきたら、マンションの敷地内でも珍しく猫に会ったんだ。黒茶ブチの子。
こっそり7粒だけ、シロさんにお供えしているドライフードからお裾分けしてあげたよ。 今日だけ大サービス! 相棒さんに知れたら怒られるから、シロさんと私の秘密にしておこうね。
びくびくしていて、食べないで逃げちゃった。

ここ1年半、ベランダで育てているプランターの花をシロ城に飾っている。 今日は珈琲色のミニ薔薇。

そろそろ、シロさんが最期を迎えた時間だね。ひなたぼっこ、しよっか?

笑顔 2006年9月23日(土)

そろそろ天寿をまっとうしそうな、寝たきりになってしまった猫と会った。
シロさんの最期のように、すっかり痩せてしまって、手足が折れそうな程細い。
17、8歳だそうなんだ。
静かにゆっくりとここ数年をかけて、天寿にむかって準備をしてきた体なんだね。

その猫が、笑ってる。
シロさんも最期の最期、寝たきりになって、もうホントに長くないと感じた頃、
部屋の中をうっとり見つめながら、笑ってた。
ゆっくり老いた体は、ゆったりした優しい心を宿しているんだね。

その猫と会って、シロさんの最期を思い出してしまったけれど、悲しくないよ。
その猫とシロさんの最期の笑顔に、私も笑みを返そう。

みんな、すごいよ 2006年8月5日(土)

シロ城の掃除をやってなかったね。(^^;)
隅々までしっかり掃除をしたよ。マット布類も入替えたよ。
シロさん、気持ちいいでしょ?
シロ城の一番下に敷いたマットの隅に、シロさんの毛がまだまだ残っていた。
おかしいな〜、シロさんがいなくなってから、何度も掃除&洗濯をしているのに。
掃除してもしても、結構残っているんだね。なんだか不思議だな。

シロさんの糖尿病の一番古い&長いお友達、元気君が、体調を崩してしまったの。
すごく頑張っているよ。シロさんに見える?応援していてね。

シロさんも元気君も、他の子も、みんな、すごいよ。
小さな体で、一生懸命生きているんだもん。
こんなに色々な出来事を私達に見せてくれる。色々なことを教えてくれる。
みんな、すごいよ。偉すぎるよ。

2006年7月30日(日)

夏だよ。
暑いけれど、今年はエアコンを付けていない。
暑さは苦手だけど、慣れちゃうのか、諦めなのか、今年はとにかくエアコンなしで頑張ってる。

野良猫育ちのシロさんは、暑さ寒さに強い方だったと思うけれど、
最後の数年は、主治医の先生の指示で、夏はきっちり室内温度を下げてあげた。

「老いてくると体温調節が弱くなるし。元々暑さに強くない猫はきついですよ。
 しかも、室温をさげてあげても、外気温そのものが高いと猫はわかるんです、
 それが老猫にはきついものです。仮に暑そうに見えなくても、
 夏が近付いたら早めにちゃんと下げてあげて下さいね。」

と。だからシロさんがいた夏は、22度の冷房設定だったね。電気代は大変だったよ〜笑。
今年は30度近くあるかも?暑いとシロさんと過ごしたそんな夏を思い出す。それも悪くないよ。

ヘルペス対応 2006年7月8日(土)

また唇にヘルペスができた(~_~メ)。
シロさんがいた時は、シロさんに移らないように、へんてこりんな事をして寝ていたっけ。

唇にバンソウコウで「バッテン」を貼るんだ。(^0_0^)

シロさんが布団に入ってきて一緒に寝る時に、唇が接触しないように。
一応、猫と人間の間ではヘルペスウィルスは移し合わないそうだけど。念には念を入れてネ。

シロさんは、私の口をチェックしているらしい。多分気持ちの表現場所として…。
「×」マークで封じられた私の口を不思議そうな、いや、何よそれ?みたいな一瞥で見るんだ。
そんなシロさんの表情から、如何に私の顔が滑稽かがわかるのでした。

今はもう、バッテンを貼る必要はないんだね。寝やすいですにゃ。

最後の散歩 2006年6月4日(日)

知っているワンちゃんが亡くなったんだ。
これから、いつもの散歩コースを一緒に回ってくるんだって。
シロさんも最後に回ったよね。最後の「長い長い散歩」を、一緒に行ったね。

シロさんは最後までの8年間、完全室内飼いだったけれど、
それまでは何年間も野良猫だったから、
シロさんと相棒さんと私は、
火葬場に向かう前に野良猫時代のゆかりの地を回ることができたんだね。
子猫の時に拾われたり、里親になるからとゆずって貰ったり、お店で出会った猫だったら、
最後の散歩はできないものね…。
散歩ができた事は、いい思い出だよ。

なんとも不思議で物悲しくて愛しい、最後の散歩。
終わらないで欲しかった。だから、「長い長い散歩」って言うんだね。
でも、出会った頃に戻れたような気持ちになれて、楽しい散歩だったよ。

さんぽ 2006年5月21日(日)

最近、あの頃のように、また散歩をしているよ。
空いている日、あいている時間に、ふらっとね。
今日は、モッピー&ナナの横を通って、フットサルとテニスクラブの練習を眺めたよ。
あの頃と同じコース。
懐かしいよ、とっても。楽しい散歩だった。

でも、夕陽を背中にして自分の影を見た時、
あの頃と同じ陽射しの傾きに、わけもなく切なくなってしまったんだ。
おかしいね、ちょっとした事なのに。

また、こうして散歩をするよ。
気持ちがいいし、風を感じるとわくわくするし。

でも、家で待っててくれるものは何もないから、
足取りがのんびりゆっくりになっちゃうんだ。
これじゃ、あんまり運動にならないかな。

あっ、チョコレート色のラブラドールだ。知ってるよ、この子。
そっちは行きたくありません#ってダダこねてる。笑。

散歩をすると、みんなの日常が見える。

たぬき 2006年5月14日(日)

今日はシロさんの1年半目の月命日。

夜、TVをつけたら、森の獣医さんのドキュメンタリーをやっていて、
途中からだったけど面白そうで見入っていたんだ。
「情報大陸」という番組だった。

保護されて治療中のタヌキが何十匹もいる。
その中で、治療は終わったけど、もう自然には返すことができないタヌキが映った。
そのタヌキは、右手が付け根から切断されていて、ぴょこたん、ぴょこたんと小屋の中で歩いていた。
カメラに向かいキョトンとした表情を見せた後、3本足独特のぎこちない身動きで後ろを向いた。

腕の切断の感じ、足の運び方が、シロさんとそっくりで…。
本当に驚いた。
シロさんが、1年半目の今日、タヌキになって会いに来たのかな。
本当にそっくりで、驚いた。

久し振りに涙が沢山溢れてしまった。

猫雑誌 2006年4月22日(土)

今発売中の雑誌「ねこだより」を立ち読みしたんだ。
表紙の白黒の猫が面白い顔をしていて、くすくすっと笑っちゃったから。
「つかみ」にやられた。笑。

ページを開いたら、白黒の子猫が載っていて、どうみても表紙の猫の子供に見える。
(表紙の猫はオスかもしれないのに。)
一緒に本屋に来た相棒さんのところへ雑誌を持って店内をうろうろ行って、
子猫と表紙の猫って親子に見えない?と問い掛けて、同意を得ようとする私。

本屋で猫の雑誌を立ち読みするとき、いつもこうなるんだ。
雑誌を持ってうろうろして、相棒さんにあれこれページを見せては、笑いあう。
猫に限らず、動物の雑誌は楽しいナ。

勿論、猫雑誌の写真の中に、シロさんに似ている子を探してしまう。
いないものだね…。

最近 2006年4月6日(木)

あれ?そう言えば、昨日はシロさんの事を思い出さなかったよ…。
という日が、最近よくあるようになってきた。
それにふと気付いて焦る自分が、ちょっと面白い。(^_^)

忘れる筈がないのに、忘れたくなくて。
でも、時間は少しずつゆっくりと先へ流れてゆく。
思い出さない日があるのは、忘れているんじゃなくて、
より深いところにしまっておこうとしているんじゃないかな。
不思議なもので、最近の方が、ふぅっとシロさんに触れている感覚を思い出す。

買物 2006年3月14日(火)

今朝、相棒さんに言われて気付いた。
 「今日はシロさんの月命日だね」
忘れていました。(~_~メ) 最近ばたばたしていたから。シロさんごめんね〜。

どれくらいになるんだろう?
指折り数えないと、すぐには出てこなくなってきたよ。笑。
それを見ていて、相棒さんが「1年4ヶ月だよ」と。
ひゃーうそみたいー、もうそんなになっちゃったの?

餌が切れたのでスーパーでお買物。ドライフードを手にとった時、餌を物色していた猫おばさん風の女性に
 「その餌、おいしいのですか?」
と聞かれたんだ。
仏壇に供える為に小さいのを買っています…なんて言えないから、こう答えたんだ。

 「どの餌が好きなのか、一番小さなサイズをちょこちょこ買って試しているんです」

女性は「なるほどねぇ〜。すぐに飽きちゃうのよね」と言いながら、私のと同じものを じゃんじゃん買物籠に入れた。

シロさん、今日は、そんなことがあったんだよ。

空想の続き 2006年2月22日(水)

puzzlerなシロさんがまたやったのかもしれない。
今日は猫の日。

相棒さんはお休みで、
ハーレーに乗って少々遠方を周遊してきたんだ。 まだ手に入れたばかりだから、乗り終えて車庫に入れたら走行距離を確認しているんだって。
今日のメーターは、2463。
「ニャーシロさん」だったんだって。

シロさんがいた頃、私達は楽しい空想をしていた。
相棒さんがいつかハーレーを手に入れたら、後ろに私が乗って、相棒さんと私の間にはシロさんを乗せて ツーリングするの。
あり得ない絵を描いて、空想して、愉快になった。

シロさんは気付いたのかもしれない。
ハーレーが我が家にやってきた事に。
空想の中で、一緒に風を感じようね。
どこにでも、一緒にいけるよ。

15ヶ月、早いよ 2006年2月14日(火)

シロさん、大好きなぶーにゃんに、ちゃんとチョコをあげた?

今日はバレンタインデー。そして、シロさんの15回目の月命日なんだ。
毎日カリカリだけど、今日は特別に缶詰を買ってきてあげました。
だっこをしたら、あれ?また重たくなったような??
シロさん、戻ってきてるのかな〜。

あれ…?軽い? 2006年1月29日(日)

おととい位から、骨箱を持ち上げると、「あれ?軽くなった…?」と感じるんだ。
昨日もそう思った。
今日はシロさんの亡くなった曜日。朝、前にしていたように、骨箱をだっこして外を見せてあげたんだ。
あれ、やっぱり軽いよ。

きっと、シロさんがやっと向こうの世界に行くことができたのかもしれない。
相棒さんも私も、人間だもの、それぞれ悩み?や悶々する事があったりするけれど、
シロさんはそんな私達を見ていて、何かようやく安心する事ができて、行ったんじゃないのかな。
いやそれとも、シロさんは臆病だから、1年過ぎてやっと新しい世界に馴染めたのかな。

こうして、1人で感じて、1人で納得してみたりする。
シロさんがいない事には変わりはなくて、1人の部屋はひっそりしている。音楽でも流そう。

シロさんと雪 2006年1月22日(日)

今朝の夢にシロさんが出てきた。昨日から雪が降っているお陰かな。
降り続く雪を見ながら、雪の中で待つシロさんを思い出していたから。

野良猫時代、雨が降ろうと雪が降ろうと、シロさんは私が夜迎えにくるのを待ち合わせ場所で待っていた。
雪の中にいると、白い毛色と雪の白が溶け込んでいるところと、そうではない所があったね。
日中どこに頭を突っ込んだのか、後頭部や背中が汚れていることが多かったシロさん。
雪の中にいるとそれが目立つ。野良時代の勲章だね。

待ち合わせ場所の目の前に住んでいたYさんによく関心された。
「シロさんは忠犬ハチ公に負けないわね。こうして1時間ずっと座って待ってるのよ」
シロさんの頭には雪が積っている。手足は氷のように冷たくなっている。

夜、タオルで包んでだっこして連れてきてアパートに入れてあげると、
ケロリとして体中をグルーミングし始める。

 「雪が降っても平気だよ。軽く1時間は待っていたよ。」

自慢しているみたいに見えた。
私は、猫って案外寒さに強いのかな〜、なんて思ったもんだよ。

何年たっても 2006年1月12日(月)

シロさんを通して、沢山の猫友達と出会いました。
それぞれの皆さんの愛猫にも、出会いがあれば、別れもあります。
命ある限り別れは仕方がない事、いつかは哀しみをよき思い出にしていかなければと思います。
でも、やっぱり悲しいです。
今朝、また知り合いの1つの尊い命がお別れを告げました。
ほんの少し温かい日で、よかった…。
昨日は「とらちゃんの日」でしたね。何年たっても、あの時の哀しみを思い出します。
月日を乗り越えられない悲しみも、いつか必ず100%よき思い出していけるはずです。

見えない誕生日 2006年1月1日(日)

今日はシロさんの誕生日(暫定日)。18才になる(推定年齢。笑)
鮪のお刺身を添えてあげてお祝いをした。

また、今日はある猫にゆっくりと触れ合う機会に恵まれた。
ふと思った。
 「ほんの少しだけ、どことなく、シロさんに似ている」
老齢の毛並みというか。もともと毛質と毛の量が似ているのかなぁ、それに痩せ始めた感じも加わって、 撫でた手触りがほんの少しだけシロさんを思わせる。

ほんの少しだけ似ていても、どうにもならない。(って、どうにかするわけではないけど。笑)
むしろ、ほんの少し似ていることが、シロさんの在りし日の感覚をどんどん呼び起こすんだ。
お陰で、すっかり淋しくなってしまってね…(~_~メ)。ありゃりゃ。

シロさんは、野良猫時代に十分私とまじわって、すごく仲良しになった。
道を渡ってアパートのドア前で半日以上私の帰宅を待っていたことも何度もあって…。
帰ってきた私の足音を聞いて、ギャーギャー大声で鳴くものだから、大家さんにばれちゃう〜(>_<)と私は大慌て。 いつもの場所で待ってるって約束でしょ?

シロさんは私を選んでくれたんだよね、きっと。
やっぱりシロさんがいい。今はまだ考えられないみたいだよ、私。